旅支度.com
http://www.travel-preparations.com/
準備 荷造り 家から空港 空港・駅
移動中 ホテル 観光 仕事
食事 買い物 帰国 その他

ホテル
一連の流れ ホテルでのチップ

 ホテルによっては、ポットを常備してくれない場合があります。いちいちお湯を頼むのも有りですが、出来れば電気ポットを持って行くと何かと便利です。
 合わせて、持ち運び可能なお箸とスプーン、フォークもテイクアウトした際、助かります。アウトドアショップや山のお店で購入出来ます。

ホテルの予約は

一連の流れ
チェックイン  ホテルに着くと、高級なホテルは、ドアマンが荷物を運んでくれます。預けるのがマナーです。チップ代(1ドル)を惜しむのは、見苦しい行為にうつると思います。タクシーの中などで、1ドルをポッケに入れておきます。

ホテルのチェックインで、パスポートの提示があります。パスポートのコピーに時間がかかりますので、パスポートのコピーがあれば、喜ばれます。もちろん、無駄に終わることもありますが。パスポートとビザのページが必要
 コピーが面倒なら、付箋紙を貼っておくのも良いです。

 この時、クレジットカードの提示が求められます。デポジットですので、サインをする必要が無いのですが、サインをせざるを得ない場合もあります(途上国に多い)。チェックアウトの時に、回収、もしくは破ることを忘れずに。

鍵をもらって、先ほど荷物を預けた人に部屋番号を教えます。通常は、フロントから連絡が行きますので、部屋まで運んでくれます。
この時のチップは1ドル(ポケットに忍ばせておきます。)


飛行機やバス、電車の到着時間の関係で、チェックイン時間より早くホテルに着いた時、荷物を預かってもらえます。

チェックイン時のトラブル

部屋のチェック ・ドアはきちんとロックできるか、チェーンはきちんとかかるか?
・シャワーや蛇口の水やお湯は出るか
・トイレットペーパーはあるか
・アメニティ(ホテルの備品)タオル、シャンプー、ボディソープはあるか
・電化製品はきちんと作動するか
・金庫はきちんと作動するか
・テレビのリモコンはあるか(無いと後で請求される)

ポーターが出るときにチップ(1ドル)を渡します。

・飲み物 ティーバックがあれば、よし。無ければ、日本から持ち込みましょう。
茶こしは、便利です。

洗う際には、「激落ちくん」が便利
・お風呂 お風呂も、ヨーロッパなど先進国では問題ありませんが、途上国といわれるところでは、風呂桶の栓が無いことがあります。お願いしてもすぐに持ってこないことも。でも、ゆっくり湯船に浸りたければ、ゴムの板かシリコンの板をお勧めします。
用意しておくべき物 ■歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃り
■スリッパ
■部屋着orパジャマ
■プラグ、変圧器
■電気ポット(コップ、スプーン、フォーク、箸)

 北欧に旅したとき、値段は日本のビジネスホテル並みでしたが、歯ブラシ、歯磨き粉は用意されて居らず、購入する羽目になりました。本体は安いのですが税金込みだと2セット買える金額でした。別のホテルでは、お湯はもらえたのですが、食堂まで取りに行かなければなりませんでした。あまりないケースですが、ホテルの金額によっては、用意しておいて損はないと思います。


個人的に気に入っているプラグです。色々な色があるので、赤は、パソコン用、白は、電気ポット、黒は、カメラのバッテリー用に複数持ち歩いています。
ホテルで借りれる物 ■アイロン
■ドライヤー
■傘
■体重計

チェックアウト
チェックアウトをします。
早朝早い時間に出る時は、前日の夜にしておくのも一つの手です。併せて、タクシーもお願いします。


チェックアウト時のトラブル


 次の移動が夜など遅い時間の場合、12時にチェックアウトすると時間をもてあます場合があります。レイトチェックアウトを頼むと、追加料金が発生する場合と、しない場合があります。荷物を持ったまま空港や駅で時間をつぶすより安心感があります。



ホテルでのチップ目安
ドアマン  ホテルに着いたとき
タクシーを呼んでもらった時 
1ドル 
ポーター  部屋まで荷物を運んでくれた時  1ドル 
ルームサービス  部屋まで届けてくれた時  1ドル 
ルームメイド  ベットサイドのテーブルの上に、「Thank you for your good service」や、「Arigato」とメッセージを書いておきます。  1ドル(普通)
1~2ドル(三つ星)
2~3ドル(四つ星)
3~5ドル(五つ星)
団体旅行、ツアーの場合は、ツアコンが支払っています。



問い合わせ先
toiawase-01(a)travel-preparations.com