旅支度.com
http://travel-preparations.com/
ホーム 出発前準備 荷造り 出発・旅行中


荷造り
  (1)スーツケース選び
(2)預け荷物
(3)手荷物
▲旅のしおり
 
 旅行先で手に入らない物を持って行くことが原則です。現地で替える場合は、購入するのも旅の思い出ですから。とはいうものの、行く国、行く地域によって持たざるを得ない物があります。

(1) スーツケース選び
   一度しか使わないのであれば、レンタルで良いと思いますが、非常食を入れておく保管用とか、重要な書類を入れておくとかなれば、購入しても良いと思います。


勝手なスーツケースの選び方
 これまでの経験上、スーツケースは壊れる物です。買って直ぐ壊れる場合もありますが、飛行機の移動中に起こることが多いので、海外旅行保険や、航空会社が修理費を負担してくれます。
 どこが壊れるかと言えば、スーツケースの角の部分と、車輪の部分です。

■2輪の車輪より4輪です。
      
車輪がむき出しのタイプは、お勧めしません。空港職員の扱いで真っ先に壊れるからです。   車輪が剥き出しになっていない方がお勧めです。
 

■出来るだけ軽量で丈夫
素材 利点  コスト 
ナイロン 軽いが耐久性無し
雨に弱い 
安い 
EVA
混合樹脂
ソフトキャリーケース
ナイロンより強いが、雨には弱い
安い
ABS樹脂 弾力性があり強度もある
欠点は重たい 
一般的 
ポリカーボネート 弾力もあり強度もある
ABS樹脂より軽い 
若干上 
ジュラルミン
(アルミ)
軽くて丈夫
代表はリモア
馬鹿高 

EVAとは、エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂のこと
ABS樹脂とは、強化プラスチックのこと 


骨格フレームが何を使われているかも、長く使う上で知っておく知識です。スチール製だと、安いけど、重いです。アルミやマグネシウムは高くなりますが、軽くなります。機内に預けるには、重量制限もあるので、軽量化に努める必要があります。

個人的には、長く使うのなら、ジュラルミンをおすすめ。壊れても直すことを繰り返し、15年以上愛用しています。

■大きさ
50リットル 3~4日間
70リットル 5~7日間
90リットル ~10日間
100リットル 長期
格言 小は大を兼ねない
でも、大きすぎると、重たいので、長期の場合は、2つで旅行に行くのも一つです。

■模様はダメ?
 海外旅行をたくさん楽しむのであれば、スーツケースが傷つくことも楽しむしかありません。キャラクターの柄などは、避けるべき?でも、荷物の受け取り場所で目立つので間違われずにすむというメリットもあります。

詳しくは


(2) 預け荷物
   エコノミークラス、ビジネスクラスで預け荷物の重さが違ってきます。超過料金は、遠くになればなるほど高くなります。

一般的に エコノミークラス20kg(30kgまでもあり)

 預け荷物リスト

■液体やジェル状の物等、漏れる心配がある物は、ジップロック等でパウチします。
■壊れやすい物は、タオルや衣類で括ります。
■バランス良く詰めていきます。重い物は下の方に、壊れやすい物は、真ん中に置きます。
■シワになりにくい服

 家から運ぶのが大変な場合は、事前に空港に送るのも手です。手軽で空港に行けるのも良い事です。

全国
■ JAL ABC
■ 宅急便
■ 郵便局

成田
■ QLライナー

関空
■ コウノイケ


【絶対預けては駄目な物】
ライター、マッチ(国によってはOK)
大量のバッテリー、乾電池
毒物
麻薬
引火性のあるガス、液体、燃料オイル



事前にチェックです。
航空会社情報

国際線航空会社

国内線航空会社


(3) 手持ち荷物
   靴下や下着などの着替えを用意しておくと、荷物が届かない事態が発生しても、慌てません。
 
 手荷物リスト

 基本、水やお茶などの液体はダメです。乗り継ぎを行う際も、ダメなことがほとんどです。

 乗り継ぎする場合は、空港の免税店で液体を買うのは絶対駄目です。トランジェットの際、セキュリティー検査の時に取り上げられますので。

【持ち込み禁止】
刃物類(ハサミ、カミソリ)
液体(100cc未満はOK)
大きい歯磨き粉チューブ



【持ち込む物】(基本失うと困る物)
パスポート、ビザ、航空券、財布
貴重品(お金、高価なアクセサリー)
割れ物
パソコン・デジカメ

手荷物ですが、だいたい、10kgまでにする必要があります。まぁ、仕事でなければ、それほど重たくなることはないでしょう。本なんかは、チェックイン後に購入すると、重量オーバーでも、文句言われません。本当に大きいと、搭乗時に預かってくれます。

旅のしおり 
   用意する物:コクヨのラ-822というファイルです。サイズは、A5-Sの横入れ。A4を折り畳んで入れ ることが出来るので、 パスポートのコピー、日程表や、アイテナリー、電子チケット、ホテルなどの予約の写し、海外旅行保険証券、お店の場所を打ち出した地図、旅先の領収書など 入れることが出来るからです。横入れなので、ファイルが上下しても中の書類が落ちる心配もなし。







 また、緊急時用メモに、受け入れ先の関係者の連絡先、滞在ホテル、現地在外公館の住所と電話番号、日本の家族、保険会社、クレジットカード会社、旅行会 社の連絡先を書いたメモも用意しておくと良いでしょう。この緊急時用メモは、パスポートケース入れにも入れておくと良いです。

▲日程表
▲eチケット控え
▲海外旅行保険
▲パスポートの写し
▲ホテルのバウチャー&地図
▲観光地の地図(地下鉄路線図)
▲連絡先

--
●領収書
●パンフレット:観光地のチケット